マサコさんからのメッセージ

私、パリ在住のマサコと申します。

この度は「一般社団法人バーバパパのえほんの会」のサイトへご訪問いただきましてありがとうございます。

ご興味を持ってくださって大変嬉しく思います。

少しばかり、私とバーバパパとの出逢いなどをお話したいと思います。

1969年、渡仏したばかりの私はパリにて

友人を通じて後のバーバパパの作者、アネット・チゾンさんとタラス・テイラーさんと偶然出会うこととなります。

そして、彼らの家にも足を運ぶ様になりました。

タラスさんとアネットさんは、そのお家の中に大変大きな長いテーブルを持っておいででした。

私は洋服を作る仕事をしておりましたので、

「この長テーブルをどうぞお使いなさい!」と言ってくださったアネットさんのご厚意に甘えて、

そこを私の仕事場の様に使わせて頂きました。

ちょうどその頃、上階のお二人のお仕事部屋では、

きっとバーバパパの構想がどんどん膨らんでいったのだと思います。

その本達が立派に出版され、日本にも日本語版が登場し、

パリでは、お二人のお子さん達も誕生しました。

私はその家族の家で、深い友情と心地の良い距離を保ちながら、

長い歳月を温かく過ごしておりました。

その長いテーブルをながーいながーい間、私に貸してくださったアネットさんとタラスさんへの

感謝のしるしとして、このバーバパパのえほんの寄贈プロジェクトを思いついた次第です。

日本にもたくさんのバーバパパのファンの方がいらっしゃいます。

そういうご両親世代の方々にも、またお子さん達にも、またそのお孫さん達にも

どうぞたくさんの方々にこの本を読んで頂けます様に

パリの空より強く願う次第でございます。

こころより感謝申し上げます。